子育てのあんなこと、こんなこと!


by tantan0426
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ならいごと( 5 )

茶道

日曜日、金沢は地震がありました。
地震は金沢の人間にとっては、どこか遠い話でした。
幸いにも、金沢は被害は少なく、我が家も、写真たてが倒れたことくらいでした。

少し離れた能登では大きな被害が出ています。
早く余震もおさまり、普通の日常に戻れますようお祈りしております。


気がつけば、朝の冷え込みも和やらぎ、お散歩に出かけると、桜こそまだですが、白木蓮が見事に咲いていて、コンテナのヒヤシンスやムスカリ、チューリップが咲き始めています。
春ですねぇ~(*´∀`*)。.・。* 

春は我が家にとっては繁忙期。
パパは毎日、くたくたになって帰ってきます。
ですから、春休みは子供たちにとって、つまんないかもしれません。。
最近の小学生は、春休みもどっさり宿題も出ていますし(笑)

お兄ちゃんは、1泊2日ではありますが、キャンプに行っております。
今回はサイエンスキャンプ。
どんなことをしてきたのかな~???
帰ってきてから、お話をしてくれるのが楽しみです。
たった一日だけれど、家族が一人いないだけでなんだかガランとしています。
いつもはもう少し広かったらなって思うのに、変な感じ。


わが家の子供たちは2人とも、6歳の6月からお稽古始めで、お茶を習い始めています。
母に習う予定でしたが、身内ではどうしてもズルズルしちゃうから・・・・と言うことで、母のお友達の先生のところへ通っています。
お兄ちゃんは今年の6月で丁度、まる4年。
一昨年には許可状を頂くことができ、裏千家の末端に入門させていただきました。

金沢は京都ほどではないのですが、お茶事が盛んです。
食事の席や、会合などの始まりにお茶が振舞われることも多いようです。
美味しくいただければ、それだけでお客様としては充分なのですが、お作法を知っているとそういう場面でも慌てないで済むのかもしれません。
男の人が美しい所作をされていると、思わず見とれてしまいます。
息子にもそうなってもらえたら!!って思いつつも、やめたいって言い出すのを覚悟していましたが、意外にも楽しく続けられています。

そんな息子に、ちょっとしたお誘いがありました。
春のボランティアのお茶席で、お茶を点ててもらえませんか??とのことでした。
思いがけないお話に驚いたのですが、心臓にどうやら剛毛が生えているお兄ちゃん。

「もちろん、させていただきます!!」と即答してるっ(((( ;゚Д゚)))!!

だ、だいじょうぶかしら????
不安であります。

母に報告すると、とても喜んでいました。
さっそくお着物を用意せねばと張り切っています^^;
娘もお菓子を運ぶという大役を頂いちゃいました。。。

い、生きた心地がしないのですが・・・・・

子供たちのお茶の先生は、京都の方で、代々お茶の先生のおうち。
茶懐石のお料理の先生、未生流のお花の先生もされていて、はんなりとした優しいお人柄で、子供たちは、いろんなことを学んできます。
それは、お花のことだったり、お茶の歴史だったり、お手紙の書き方であったり、ときには音楽についてだったりといろんな分野にわたって・・・・

お茶はとてもとても奥が深く、そしてなにより、無駄な動きがない潔い世界。
一つ一つの所作には全て意味があります。
季節を愛で、相手を思いやる心。
慌しい日常から少し離れて、静寂を取り戻せる空間でもあります。

私は月に2回。
お茶を頂くだけのお作法のお教室に通っています。
子供たちと同じ先生です。
先生に点てて頂いたお茶を、美味しい主菓子と頂くだけなのですが、なんともいえない爽やかな気持ちになります。
これからも大切にしていきたい時間。

                           d0093597_18552030.jpg                              

写真は初釜の時のもの。
母の振袖を、私の七五三の時に仕立て直し、今は娘が着ております。
お着物を着てもついついお兄ちゃんをみては大笑い。。。
お茶会・・・・本当にちゃんとできるのかしら???やっぱり不安だなぁ(笑)


d0093597_196481.jpg  娘のファーストお茶碗
この頃、バンビに夢中だったんですよね~
[PR]
by tantan0426 | 2007-03-29 19:09 | ならいごと

息子とお花

ここのところ仕事でPCへ向う時間が激増中です。
煮詰まっては、ブログへと逃げ込んでおります(6 ̄  ̄)

我が家の4年生になる息子は、物心ついた頃より、お花が大好き。
6歳よりお茶を習っている息子は、お茶花や山野草なども詳しく、お花の図鑑や写真集を見ることも好きなようです。

月に一度催されている近くのお花屋さんのキッズプログラム。
これがとっても楽しくって素敵なんです。
その季節、季節に合わせていろんなことが楽しめます。
今月の息子の作品は・・・・

d0093597_11345498.jpg
さっそく、自分のお部屋に飾っています。

お花の教室でのひと時は、とっても魅惑的。
秋には山葡萄のジュース、お正月明けには鏡割りをしたおもちでおぜんざいをいただいたり・・・

今回は薪ストーブでじゃか芋をホイル焼きにして、お塩で食べたのが美味しかった!!と花より団子?ぎみの息子でした。


玄関には秋の教室で息子が植えた球根たちが、スクスクと育っています。
毎日、学校に行く前に様子を見に行き、楽しみにしている。

パパは『男の子なのに・・・・?』って不思議そう。
でも、男の子だから、女の子だからって思わなくてもいいんじゃないかしら?
パパは少林寺を!!って考えていたのよねぇ。。。
年長さんのとき、少林寺の教室に体験に行ったことがあります。
その時に息子が言った言葉。

「どうしてお金を払って、叩かれたり叩いたりすることを教えてもらわなきゃいけないの?」

パパは少林寺と言うものを通して精神力を!!と考えていたのですが、この言葉を聞き、息子にはこういった形で心を鍛えるのは向いていないのかな?って思ったそうです。



娘もお花が好きですが、朝顔のみずやりも時々忘れちゃって、昨年の夏はおにいちゃんがあげている姿もよくみられました^^;
活発で体育が得意科目!!って胸を張る娘。
お外に出ると、縄跳びやボール遊びをしたくって、頭の中がいっぱいになっちゃってついつい忘れちゃうようです。
なんだか私を見るようで、苦笑いしちゃいます。
私も、時々お水を替えたり、あげたりするの忘れちゃいますもん・・・

息子に言わせると、コンテナのお花がお水を欲しそうな顔をしていたらあげるんだとか・・・
お水の欲しそうな顔って????



昨日、学校から子供の習い事アンケートなるプリントを持ち帰ってきました。
これがかなり細かく書くようになっていて笑っちゃいました。

我が家は、息子が週に一度の習い事が、お茶とトランポリン
月に一度がお花とアウトドア系のクラブと俳句。

娘が週に2度のバレエとそろばん。週に1度のスイミングとお茶

うーーん、こうやって書いてみるとバラバラな兄妹ですね(笑)
子供に合わせて無理なく・・・・って思っているうちにこうなっちゃいました。


とってもボケボケ写真ばかりでお恥ずかしいのですが、娘が保育所のときに作った松ぼっくりのトトロ・・・
                     
d0093597_124189.jpg


秋にお兄ちゃんへ誕生日プレゼントしたものです。
息子は今でもお気に入りで、大事にかざってあります。
娘は自分用にも作ったのに、とっくの昔にこわしちゃいました(笑)

性格が反対だったら・・・・なんておじいちゃんやおばあちゃんには言われますが、これはこれで面白いな~なんて密かに思う私です。



                   
[PR]
by tantan0426 | 2007-02-16 12:10 | ならいごと

大人バレエ

実は私(ってほどではありませんが^^;)娘と同じ教室でビギナーのバレエ教室に通っています。
子供のころには経験はなく、いわゆる大人バレエってものです。

娘の先生の教室には、主宰の先生以外に若い先生が2人いらっしゃいます。
先生方はみんな20代の現役のバレリーナ。
そのしなやかな身体はため息が出ます。。。

私はと言うと、物心ついたころからガッチガチに身体が硬いんです。
だからバレエなんてとんでもない!!って思っていたのですが、気づいたら週に1度のレッスンが楽しくって楽しくって。。。

週に一度90分のレッスンで、娘とは違う日に通っています。
ストレッチとバーレッスンのみなんですが、なんて言えばいいのでしょうか、一週間のストレスが取れ、精神が浄化されていくようなそんな感じです。
と言っても、あまりの硬さに先生にはご迷惑なんですけれどね。
それでも、丁寧にレッスンを見てくださる先生に感謝です。
まだ高校生の頃から海外に留学して、海外のバレエ団の団員として活躍されていた先生は、若さと経験の両方を兼ね備えた、信頼のおける指導者です。
すばらしい指導者とのめぐり合いも財産。
娘もがんばって練習に通っています。

昨日は2つほど新しいストレッチをしました。
ヨガのポーズに近い感じ?です。
そのせいか、朝から少し筋肉痛の私。
効いているなぁ~
[PR]
by tantan0426 | 2006-10-05 08:49 | ならいごと

風の精

もうすぐ娘のバレエの発表会(*´∀`*)。.・。* 
演目はシンデレラ。
と言っても、一幕にチョロリと出るだけなのですが、本人はいたって真剣!!
練習も休まずに通っています。

母親譲りの身体の硬さで苦戦していますが、それでも最近は少しはいい感じになってきました。

かなり親の欲目かも(6 ̄  ̄)

昨日は衣装が届きました!!!
去年はえらくセクシーだったのですが、今年は風の精という妖精の役だけに、これぞバレエといった感じの愛らしさです。
これが着たくって習っているわけですので、娘は満面の笑みでした・・・・・

さて発表会までのあと3週間。
リハ、リハ、リハ~~~って感じでくたくたですが、がんばりま~す。
[PR]
by tantan0426 | 2006-09-16 08:49 | ならいごと

こどもの習い事

子どもの習い事って悩みませんか~~
私の小さい頃とちがって、種類も多いですし、どれもこれもさせてやりたくなってきます。
でも、時間もお金もそうそうあるわけでもないですし、悩みどころです。

我が家では子ども達はふたりともお茶を習っています。
住んでいるところの影響もあるのかもしれません。。。
6歳の6月が習い事初めということで、ふたりとも数え年の6歳の6月からお稽古をしています。
今年の6月、お兄ちゃんがやっと(裏千家)入門を許可されました。
男の子だと続くのかな?って不安だったのですが、とっても楽しいみたい。
なにより美味しいらしいゞ(≧ε≦o)

他には二人揃ってでは、スイミングにも行っていたのですが、お兄ちゃんはそれこそ水に合わず、一通り泳げるようになってサッサとやめちゃいました。
娘はまだ頑張っています。

スポーツでは地域で盛んだということもあり、おにいちゃんはトランポリンをしています。
こちらは遊びの延長って感じで、かなり楽しそうです。
体験してみると、意外とバランスを取るのが難しかったりするのですが(笑)

娘はバレエ。。。
お姫様になるのが夢の彼女にとって、あの衣装にはメロメロってわけ!
動機が不純かしら??
母の私は身体がとっても固いので、彼女にはぜひとも頑張ってほしいものです。

わがやではお勉強系の習い事はしていません。
そろそろ必要になるのかな?
英語を習いにいっている子も多いようなのですが、幸か不幸か我が家の息子はオーストラリアに小さい頃は住んでいたため、日本語の方が苦手だったりします。
言い回しが時々変なんですよね。
最近では英語も怪しくなってきて、どうするの??って焦ったりもして・・・・


夫の希望では息子には逞しくなってほしい!!ってことだったのに、どうも逞しくなっているのは娘だったりします(笑)

そんな夫が息子に選んだ習い事は、その名も冒険レンジャーズ教室。
月に一度なのですが、シーカヤックやロッククライミング、つり、オリエンテーリングなど毎月いろいろな事に丸1日かけてチャレンジする教室。
息子もえらく気に入っているようです。

月に一度ものとしては、ガーデニング教室なんかにも、兄妹でせっせと通っています。

今のところこれが限界ですね~
また面白いものがみつかったらトライしてみるかもしれませんが^^;
[PR]
by tantan0426 | 2006-09-12 06:35 | ならいごと