子育てのあんなこと、こんなこと!


by tantan0426
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春を迎えて

ググッと暖かくなり春らしいお天気が続くようになりました。

子供たちも月曜日から、新学年へと進級しそれぞれの春を迎えています。

私はと言うと長かった(?)春休みも終わり、気が抜けたように過ごしていました。

昨年の今頃は、娘が1年生ということで緊張した日々だったのですが、今年は少し余裕があるきがします。


我が家の子供たち、クラス替えをドキドキして迎えたのですが、明暗に分かれました。

息子は大親友を含め、仲良しグループ全員が同じクラス!!!(先生が大変かも?・笑)
意気揚々と初日は帰ってまいりました。

そして、娘。。。。。こちらは、半べそで帰ってきたのです。
大好きだったお友達と別だっただけでも悲しさいっぱいなのに、大好きなお友達は皆、娘とは違うクラスで一緒になったとか・・・・・
喜びいっぱいのお友達を尻目に、疎外感たっぷりでドヨン・・・・としていたようです。

帰ってきて、私の顔をみるなり大粒の涙がこぼれおちました。

自分のことだったらきっと平気だと思うのですが、娘のこととなるとオロオロとなってしまう私。
過保護ですね。
でも、ギュッと抱きしめる娘は2年生と言うにはあまりに小さく幼く、せつない気持ちでいっぱいとなりました。

「すぐにお友達がまたできるよ!!
保育所から小学校に上がったときも、誰一人、お友達はいなかったのにたくさんできたでしょ?」
と声をかけると、少し笑顔も見ることができました。
次の日にはお友達が我が家に遊びに来てくれ、心配も吹き飛びました。

子供たちの今年一年が、思い出多い楽しいものとなりますように・・・・☆


夫の仕事の事務を手伝うようになって数年。
営業職の正社員として働いていた頃には想像がつかない毎日。

最初の頃は、子供たちが小さく、それどころではなかったのですが、最近、やっと少しづつではありますが、せっかくできた時間を楽しめるようになってきました。

それは、キルトの教室であったり、お茶のお稽古だったり、バレエ教室だったり・・・・・
とにかく思いつくままではあったのですが、始めてみました。
小さい頃のお習い事とはまた違った、なんとも楽しいじかん。

息子が産まれてから仕事をやめるまで、毎日があっという間に過ぎ、趣味どころか、お風呂にさえゆっくり入ることができない日々でした。

それでも、やりがいのある仕事。
プロジェクトが達成した時の充実感。
仲間と仕事の後に飲む、美味しいビール。
働いて得た報酬。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・などなど

いろんな喜びに溢れていました。

仕事をやめ、娘が産まれ2人の子供の母となり私の生活は一変。
なかなかそのリズムが掴めず、モヤモヤしていたのですが、どうやら私もトンネルを抜けれそうです。
子供と過ごす時間もググっと増え、一緒にガーデニングやお料理をしたり、映画にいったり、お芝居に行ったり!!

あっという間に成長していく子供たち。

お兄ちゃんは気付けば5年生。
友達と過ごす方が楽しい年頃になったようです。
小さい時、ママ、ママと保育所の入り口で困らせたのが、ほんの少し前だったのにね。
今ではお買い物に一緒に行く??って聞いても、友達と約束があると断られることが増えてきました。

そんな時、胸が少し痛むんです。
ああっ、小さな時にもっと、もっと、息子と一緒の時間を過ごせばよかったなぁって。
もう、ずいぶんと遅い話ですよね(笑)

家庭科の授業が始まったお兄ちゃん。
お料理に興味津々です!

私の母が初めて買ってくれたお料理の本。
お料理しましょう2

小さい時、この本が大好きでした。
少し茶色くなって私の手元に残っています。
今も絶版にならずに販売されていたのですね~

子供たちそれぞれに、お兄ちゃんには1巻の中国料理編を!そして、娘には3巻土井勝先生の和風料理を用意しました。

2人とも、作る前からパラパラとページを開き、これが作りたい、あれを作ると大興奮です。
今週末は一緒にお料理をしたいと思います。


専業主婦だった母と過ごした小さな頃を思い出してみると、母も私が幼稚園に入った頃より少しづつ趣味の時間を持つようになっていた覚えがあります。
母の場合は少しばかりの実益も兼ねて・・・・・
母は私が幼稚園に入った頃から、週に1度のお料理教室と月に3回のお茶のお教室をしていました。
転勤族だった母にとって、生徒さんというよりお友達といった感覚だったそうです。
当時の写真を見ると、母は今の私と同じくらいだと思うのですが、とっても柔らかないい表情をしています。
毎日が充実していたんでしょうね。



私も30代半ばにはいり、人生の折り返しにいます。
これからの日々を、大切に、そして小さな喜びや幸せをみつけられる人へと成長したい。
そんなことを思う今年の春です。                
[PR]
# by tantan0426 | 2007-04-13 13:13